Top >  プレチョップ法とは

プレチョップ法とは

赤星医師が考案した画期的な白内障手術のプレチョップ法について説明しています。

プレチョップ法とは一覧

プレチョップ法とは

従来の白内障の手術である「水晶体超音波乳化吸引術」は、
超音波で水晶体の核を砕くときに、水晶体の袋の後部である
「後嚢」を誤って破損してしまうことがある点が問題でした。

後嚢が破れると、水晶体の核の破片が硝子体の中に落ち、
感染症や網膜剥離といった失明につながりかねない事故を
起こす可能性がありました。

そうした危険性を回避するために考え出されたのが、
プレチョップ法」 という新方式の白内障手術なのです。

プレチョップ法とはの続きを読む>

プレチョッパー(プレチョップ法で使用する手術器具)

赤星隆幸先生が、白内障手術のプレチョップ法で使用されるのが
プレチョッパーと呼ばれる、濁った水晶体の核を分割するための手術器具です。


プレチョッパー


赤星先生は、世界中の多くの人に、このプレチョッパーを安価に使ってもらいたいと願い、
あえて、特許は取らなかったと話されます。

プレチョッパー(プレチョップ法で使用する手術器具)の続きを読む>

< 前のカテゴリ「プレチョップ法で白内障手術が受けられる病院リスト」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「白内障の治療」へ >


このページについて

「プレチョップ法で白内障手術のできる病院」のカテゴリ「プレチョップ法とは」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

視力関連リンク集