Top >  白内障の治療 >  白内障の原因と種類

白内障の原因と種類

白内障は、先天的なものと、後天的な要因によるものに分けられます。

先天性白内障は、生まれつき水晶体に濁りがあるものです。

後天性白内障には、加齢、ケガなどの外傷性、糖尿病などの
疾病の合併症によるものがあります。

白内障の方の目の構造は、このようになっています。

白内障の目の構造

白内障は、透明な水晶体(カメラに例えるとレンズに相当するもの)が濁り、
視界がぼんやりとかすんでしまうようになり、進行すると視力が低下します。

白内障の中では、加齢によって発症する老人性白内障が最も多く、
白髪や肌のしわと同じように誰でも起きる眼の老化です。

その他の白内障としては糖尿病性白内障、ステロイド性白内障、外傷性白内障などがあります。

 <  前の記事 薬による治療と手術による治療  |  トップページ  |  次の記事 プレチョッパー(プレチョップ法で使用する手術器具)  > 

         


このページについて

このページは「プレチョップ法で白内障手術のできる病院」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

視力関連リンク集