Top >  白内障の治療 >  薬による治療と手術による治療

薬による治療と手術による治療

薬による治療

薬物療法は、水晶体のにごりを消失させるのではなく、
白内障の病状の進行を遅らせるのが目的になります。

老人性白内障で、症状が軽度の段階なら、
進行を遅くするために点眼薬が処方されます。

先天性白内障の場合は、ほとんどが進行性でなく、
停止性のものなので、薬物療法は適用されません。


手術による治療

水晶体ににごりが進んだ白内障で、視力障害が起きて生活しづらい
場合は、手術で回復させることができます。

白内障の手術は、嚢(水晶体の袋)を残して濁った内容物だけを
吸い取る「嚢外摘出術」が主流です。

ただし、以下のような場合は、手術を行うことができません。
眼圧の調整ができていない緑内障や高血圧、重度の糖尿病網膜症、
強度の近視、角膜の内側を覆っている角膜内皮細胞が減少している状態の人など。

 <  前の記事 赤星隆幸先生について  |  トップページ  |  次の記事 白内障の原因と種類  > 

         


このページについて

このページは「プレチョップ法で白内障手術のできる病院」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

視力関連リンク集