目薬の正しい使い方



目薬の正しい使い方

目薬を使うのが苦手な人は意外といるものです。
目を開けていられない、目標が定まらない、点眼後にのどの奥に薬品の味がするのがいやだという人もいます。

薬品の味は、目薬が鼻の奥に抜けてしみこむのが原因です。これは、目薬を点眼後に目頭を1〜2分押さえることで解消できます。

市販の目薬には、防腐剤が含まれていることが多く、目に良くない影響を及ぼすことがあります。

常用すると、アレルギーや慢性的な充血を引き起こすことがあるため、目薬を使う場合は、医師の処方でただしく使うことが大事です。

目薬の点眼は、1回に1滴で十分な量をさすことができます。
目からあふれるさせるほど点眼するのは、量が多すぎます。

違う種類の目薬を使う場合は、5分以上時間をおいてから使用します。
点眼薬と軟膏を同時に使用する場合は、先に軟膏を使用する方が効果的です。

コンタクトレンズの装用中に、レンズ専用の目薬以外は使わないことも大切です。
目薬の成分がコンタクトレンズに付着しますので、長時間、薬剤の刺激が角膜に加えられる上、レンズ自体にも悪影響をおよぼす場合があります。

目薬を点眼する際は、目薬の容器の先を皮膚やまつげにつけないように注意しましょう。
接触すると雑菌が入って、残りの薬剤が効果を失うことになりかねません。なえうべく目から2〜3センチ離して、静かに落とすようにさしてください。

目薬のさし方のコツ

<1> 目の周囲の汚れは、きれいな布かティッシュでふき取っておき、手も石鹸等できれいに洗っておく。

<2> 顔を上に向けて、指で下まぶたをひろげ、あかんべーのようにする。

<3>目薬の容器が、まぶたにつかないよいようにして、下まぶたに液を落とす。

<4>まばたきをしないで、目を閉じたら、目頭を押さえて1分ほどそのまま。

<5>あふれた目薬をふき取って終了。



※目からあふれた目薬をそのままにしておくと、眼瞼炎などを引き起こすことがありますので、きれいにふきとっておきましょう。

眼軟膏の使い方

目薬のさし方 眼軟膏は、清潔な綿棒などに薬を取り、あかんべーの状態にひろげた下まぶたの上に薬をのせます。

そっと目を閉じて上から軽くマッサージしたあと、2〜3回まばたきをすると全体に行き渡ります。

眼軟膏は、軟膏状なので寝る前につけると薬の成分がゆっくりと目にひろがり効果的です。




(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)







管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved