目のしくみについて



目のしくみについて

目は受容器の一つで、光を感じ取ることができます。
構造がカメラに似ていることから「カメラ眼」とも呼ばれます。 顔面に左右一対あり、立体視による遠近感を認識できます。

人間の眼の構造は、球体になっており、外側は角膜、強膜で構成され、眼球の球体を維持しています。

人間の目の構造 目がモノを見るとき、像はまず角膜を通り、瞳孔を経て眼球内部に入ります。 外部の光の量によって虹彩が収縮し、瞳孔の大きさを調節します。
網膜上に像を合わせるために水晶体により像を屈折させます。

水晶体はチン小帯・毛様体の働きによって厚さが調節され、カメラと同じように広い距離の焦点を合わせることができます。 屈折した像は硝子体を通して網膜に映りこみます。

水晶体がレンズ状であるため水晶体が屈折の主な役割を果たしていると思われがちですが、実際には屈折は空気と角膜との屈折率の差によってほとんど行われており、水晶体は焦点の調整のみに関わっているといってよいのです。そのため、角膜が傷つくと失明のおそれがあります。

網膜にはかん体細胞、錐体細胞の2種類の視細胞があり、 この細胞を通じて視神経経由で視覚情報が大脳に送られ、視覚となります。 杆体細胞は暗所で機能します。錐体細胞は、明所で機能します。

目の外部には、瞼(まぶた)、まつ毛があります。 瞼は外部からの異物や強力な光をさえぎるほか、まばたきすることにより眼球表面(結膜)へ涙を送るはたらきをします。



(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)







管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved