レーシック手術当日

レーシック手術当日

今日はいよいよレーシックの手術当日です。
いろんな人から励ましのメールや電話をもらい、 「がんばってね〜」と言われて、かえってそれで少し緊張しましたが、 クリニックについて、検査をして、手術室に入るときも、先生に 「落ち着いてるね」と言われるほど、自分では手術に対する不安はなかったです。

たぶんオペをしてくれるのが吉田先生で、この先生にまかせれば安心!っていう 安心感があったから、そんなに余裕でいられたんだと思います。

↓手術前に、髪の毛をカバーして、点眼の麻酔をしたところです
レーシック手術前に麻酔点眼

さあ、いよいよ手術!

レーシック手術の様子

ベッドに横になり、まずまつげをテープで固定します。
次に開眼器で目を開いた状態で固定します。
これが痛いと聞いていたのですが、ぜんぜん痛くなかったです。
まぶたがひっぱられてるかんじ程度。

ちなみに、手術中の様子はすぐ隣の見学室から見えるので 主人にビデオも撮ってもらいました。
あとで自分でどんな手術だったか見たかったので(笑)

↓見学室からの様子
レーシック手術中の画像

私の頭のところにいるのが吉田先生。 手術中、ずっと関西弁で話しかけてくれててすごく安心できました。

左の女性は、ずっと私の手をにぎっててくれてました。
こういう心遣いのあるあったかいかんじがするクリニックで 手術を受けられてよかったな〜ってオペ中も思ってました。

手術は、まず目をリングのようなもので圧迫し、エキシマレーザーという器械で 角膜にフラップ(ふた)を作ります。
このとき、 「目の前が暗くなるからね〜」と先生に言われ、ほんとに暗くなって何も見えない状態に。
何十秒後かに
「レーザーあてるよ〜」
ジジジジ・・・10秒くらいかな?レーザーを当てて、フラップを閉じて、右目終了。
この間、わずか2〜3分くらいです!

あっけないくらい簡単に右目が終わりました。
この時点で、右目がもう見えてます!

手術室の天井とか見えてます!!
オペ中の目の様子は、全部モニターで見えてます。

↓目のアップってちょっとエグイ?(笑)
レーシック手術中のモニター画面

続いて左目。同じことを繰り返し、こちらも3分弱で終了〜。
先生に「上手だったよ〜」と褒められ(笑)、ベッドを降りました。
このとき、もう完全にまわりの様子が見えてます〜〜♪
見学室の主人と娘も見えて、手を振りながら手術室を出ました。

レーシック手術を終えて

リラクゼーションルームで15分ほど横になってから 吉田先生の診察に。
まったく問題なく手術は終わったそうです。
正味6〜7分だったとのこと。

「MOMOさんが緊張してなかったから、スムーズに手術が終わったよ」 と先生にもほめられて 「吉田先生だったから安心して受けられたんですよ〜」と言うと 先生もにっこりしてました。
緊張して途中で気分が悪くなる人もいるようで、 そうなると20分くらいかかる人も中にはいるそうです。

1週間かける保護用のめがねと目薬をもらってクリニックを後にし、 パスタ屋さんでお昼を食べて帰ってきました。

帰りの電車の中で、麻酔が切れてきたのか、少し目がごろごろする感じがありましたが、 帰宅後3時間ほど横になったら、それも消えました。

めがねもコンタクトもなしで、裸眼でこんなに見えるなんて すごい不思議な感じがしますが、めっちゃ快適です!!

手術は、すぐ終わるし、痛みはこれっぽっちもないです。
こんなに楽勝の手術はないくらいだと思いました。 あとは、だんだん視力が安定するのを待つだけですが、 今の時点でも1.0位は見えているようです。

近くのものを見ても違和感もないし、 こうして普通にパソコンに向かっててもつらくもないし、 心配していたドライアイもそれほどではないです。
(1日に4回くらいの点眼で気にならない程度)

あ〜こんなにラクに視力が手に入るなら、もっと早くに受ければよかったなあ♪
神戸クリニックの吉田先生、ありがとう〜〜☆
明日と1週間後に検査に行く予定です。

(2006年8月7日)





私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは無料説明会で不安解消!

レーシック 視力回復






Copyright(C) 失敗しない!レーシック手術体験談 All Rights Reserved