目の病気と異常 <白内障>



白内障とは

白内障(はくないしょう)とは、水晶体に白い濁りが生じて、すりガラスを通したように 視界がぼやけて見える病気です。
瞳孔が白っぽく見えてくるので「白そこひ」とも呼ばれます。
白内障が進行すると、視野のすべてがくもり、ものの輪郭がつかめなくなり、 明暗しかわからなくなってしまうこともあります。

白内障は、老人性白内障がもっとも多いのですが、 現在のところ、老化がなぜ水晶体をにごらせるのか、その原因は明確にはわかっていません。
老化や糖尿病などの病気によって新陳代謝が阻害され、水晶体が白く濁り、白内障を発生させるという説もあります。

白内障は、加齢とともに起こりやすい病気なので、昔は高齢者にとって深刻な問題でした。
しかし、現在では比較的簡単で痛みも少ない手術が行えるようになりました。
眼内レンズで、視力もほぼ元の状態に回復させることが可能になり、安心して治療できるようになりました。

白内障の原因と種類

白内障は、先天的なものと、後天的な要因によるものに分けられます。
先天性白内障は、生まれつき水晶体に濁りがあるものです。
後天性白内障には、加齢、ケガなどの外傷性、糖尿病などの疾病の合併症によるものがあります。

白内障の治療

白内障はまだ不明な点も多く、一度にごった水晶体を透明にすることは、現状ではできません。
進行した白内障は、手術による治療を行いますが、まずは薬物療法で進行を遅くする方法がとられます。
白内障と診断されても、病状が軽度で、視力低下もさほどみられず、日常生活を する上で不自由を感じなければ、積極的な治療は行われないのが一般的です。

しかし、いずれは進行する病気です。
また、白内障のほかに重大な病気が隠されていたり、ほかの病気を併発することもあります。
その発見のためにも、定期的な視力やにごりの度合いを検査していく必要があります。

・薬による治療

薬物療法は、水晶体のにごりを消失させるのではなく、白内障の病状の進行を遅らせるのが目的になります。
老人性白内障で、症状が軽度の段階なら、進行を遅くするために点眼薬が処方されます。
先天性白内障の場合は、ほとんどが進行性でなく、停止性のものなので、薬物療法は適用されません。

・手術による治療

水晶体ににごりが進んだ白内障で、視力障害が起きて生活しづらい場合は、手術で回復させることができます。
白内障の手術は、嚢(水晶体の袋)を残して濁った内容物だけを吸い取る「嚢外摘出術」が主流です。

ただし、以下のような場合は、手術を行うことができません。
眼圧の調整ができていない緑内障や高血圧、重度の糖尿病網膜症、強度の近視、角膜の内側を覆っている角膜内皮細胞が減少している状態の人など。

白内障とレーシック手術

一般的には、白内障がある場合は、レーザーによる近視矯正手術(レーシック)を 受けることができません。
いくら、角膜を削って正視にしても、白内障によって見え方が改善されることはないためです。
ただし、白内障がある場合には、白内障手術をして眼内レンズを挿入すれば、 近視も治すことができます。
眼内レンズの度数は、自由に設定できます。正視にすることもできますし、近視を少し残して手元を見やすくすることも可能です。
白内障手術は、こうしてみるとレーシック手術などと変わらないれっきとした近視矯正手術ともいえます。



(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)





白内障最新手術法→ 白内障手術とプレチョップ法





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved