目の病気と異常 <ドライアイ>

ドライアイとは


ドライアイには、主に2種類あります。

・涙液減少型ドライアイ
・蒸発亢進型ドライアイ


です。

パソコンやゲーム機などの普及により、最近増えているのが「蒸発亢進型ドライアイ」です。

これは涙が正常に出ているのに、まばたきの回数が少ないなどの理由で、目の表面が乾燥するのが早くなるものです。
目の機能そのものには異常が発生しているわけではありません。

対処法としては、薬局などで売られている人工涙液を使って涙を補う事により、違和感を解消することができます。
人工涙液は防腐剤が入っているものと、防腐剤の入っていないものがあります。

コンタクトを使用している方は、使用しているコンタクトの種類によっては使用できない可能性がありますので、よく確認の上使用することが大事です。

ドライアイの予防


ドライアイは、一度なってしまうと根本的には治りません。
ですので、日常の予防が大事です。以下のようなことに気をつけることが、ドライアイの予防につながります。

 ・部屋が乾燥しないように加湿機を使用する。
 ・パソコンなどの作業の時は、1時間に10分ぐらい目を休ませる。
 ・直接エアコンの風が顔に当たらない調節する。
 ・視線が斜め下に向かうように、ディスプレーを低い位置に置く。
 ・意識をして瞬きをして、疲れたら休むようにする。


ドライアイとレーシック


ドライアイでも、レーシック手術を受けることは可能ですが、手術前の診察の際に、 ドライアイにより角膜の状態が悪化している場合は、 先に治療を行った後に手術となる場合があります。

ドライアイは根本的には治りませんが、 レーシックを受けることで、コンタクトレンズ装用の辛さから開放されますので、 コンタクトによる目の乾きや違和感などは解消する場合も多いようです。

レーシック手術後は、一時的に神経が切断されてしまう為、 その神経が繋がるまでの間(個人差はありますが1〜3ヶ月程度) ドライアイが強くなる場合があります。

手術後ドライアイイを感じる場合は、角膜の水分を保持する 点眼薬によって症状が改善していきます。

また、もともとドライアイの方はレーシック手術後に 涙点プラグを挿入してドライアイを改善することもあります。


(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)


自宅で1日5分!ドライアイを改善する方法↓
ドライアイなんて怖くない! 14日間で砂漠の様なカラカラなドライアイを 改善させてしまう方法。





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved