目の病気と異常 <VDT症候群>



VDT症候群とは

VDT症候群とは、OA機器を扱うひとたちの間に目の不快感を訴える人が増えてきたために、作られた症状の定義です。
「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル=モニター画面・画面表示端末)症候群」は、テクノストレス眼症ともよばれ、パソコンやテレビやテレビゲーム機などの画面を見る作業によって起こる症状です。

眼精疲労との関連も高く、同じものとして扱われることもあります。
眼精疲労の改善

VDT症候群の主な原因には、次の3つがあげられます。

・OA機器への不安・緊張

・不適切な環境(姿勢、照明など)

・目の酷使による疲労


目以外に現れるVDT症候群のおもな症状は、首や肩の凝り、腰痛、手指のしびれ、震え、胃腸不良、生理不順などがあります。

精神面では、抑うつ感や倦怠感、不安緊張の他、いらいらしたり、食欲に異常が起こる摂食障害、不眠などがあるので、慢性化しないように気をつける必要があります。




VDT症候群の予防と対策

VDT症候群は、悪化すると生活や仕事に支障をきたします。環境や心身の状態を見直すとともに、異常を感じたら専門医に早めに相談しましょう。

VDT症候群のの予防法としては、とくに次のようなことを心がけてください。

・休憩をこまめにとる
 画面を凝視することでまばたきが減り、ドライアイになるので、こまめに休憩をとって目を休ませる。

・環境を整える
 ドライアイを予防するために、エアコンの風が直接顔に当たらないように調節する。椅子には深く座り、本や書類から30センチ、モニターとの距離は50センチ程度離します。読書やキーボードなどに向かうとき、手元の照明は200〜500ルクス程度にし、光源が直接目に入らないように注意します。




(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)





管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved