目の病気と異常 <緑内障>



緑内障とは

緑内障(りょくないしょう)とは、眼球に栄養を運ぶ水がたまりすぎることで、 眼圧が上がり、視神経が圧迫されて、視覚障害を起こす病気です。

緑内障は、「青そこひ」とも言われ、失明する眼病として恐れられてきました。たしかに先進国では後天性の失明の原因のひとつでもあり、危険性は軽視できませんが、早期に発見し、適切な治療を受ければ失明は免れる病気です。


緑内障の原因

緑内障の定義は、「何らかの原因で視神経が損傷し、それにより視野に欠損が生じた状態」です。

視神経損傷の原因は、眼圧が通常よりも上昇することにより視神経乳頭が陥没し、 それにより視神経への血液の運搬が物理的に圧迫阻害され、 神経細胞が死滅することによるとされています。

しかし、正常な眼圧であっても視野に欠損がみられる場合があり、 これは正常眼圧緑内障といいます。
この場合も視神経乳頭に陥没がみられます。

正常眼圧緑内障の発症者は、全緑内障発症者のなかでもかなり多くを占めることが明らかになってきています。

正常とされる眼圧の値は10 - 21 mmHgであり、この眼圧の範囲内にあって視野に欠損がある人を正常眼圧緑内障と診断します。 正常眼圧の範囲でも視神経乳頭に陥没がみられることが多いことから、 眼圧の高さが神経を損傷する原因になっていることは他の緑内障と同じです。

また正常眼圧の定義は、西洋人を対象に決められたものであるため、日本人にはやや高い設定になっているために日本での診断数が多くなっている、という見方もあります。

また、一方で21 mmHg以上の高眼圧でも発症しない例もあり、これは高眼圧症と診断されています。 これらのことから、眼圧だけでなく視神経の強さが緑内障の発症に関わっていることが指摘されています。このような視神経の頑強さの違いを生みだす原因は明らかになってはいません。


緑内障の治療

緑内障の治療は、眼圧を下げるための点眼薬、内服薬、レーザー手術、外科手術によって行われます。

・薬による治療
 治療薬は、症状の進行を抑えるために使用するが、完全に治癒することはない。 視野欠損の程度の少ない発症初期には点眼薬により様子を見るが、視野欠損の進行具合と視神経の障害の程度から判断して、外科的手術をすることも少なくない。

・外科手術
 外科手術には主なものに、線維柱帯切開術(トラベクロトミー)、線維柱帯切除術(トラベクレクトミー、濾過手術ともいわれる)の2つがある。前者は、眼圧降下作用が少なく、時間が経つと効果が減少することが多いが、術後の経過が比較的よく、切開の痕跡もわりと小さく押さえられる。
後者は、虹彩に小さく開口部を作るとともに後房と前房の間に房水のバイパスを形成し、房水を強膜へ排出させる。眼圧降下作用が大きく、効果の長期的な持続が見込める。若年期における発症者には、線維柱帯切開術を生涯に複数回適用することにより、長期にわたり眼圧を低く保つように極力努め、濾過手術は後年の手段として選択される。

・レーザー手術
 レーザー手術には主なものに、レーザー虹彩切開術、レーザー線維柱帯形成術などがある。レーザー虹彩切開術は、急性閉塞隅角緑内障を発症した場合に優先して選択される。
また後者は、患者への負担が小さいため、高齢患者に適用されることが多い。しかし、眼圧降下作用が小さい、手術によって安定しない、または他の濾過手術などの外科手術との併用が難しい、などの欠点からレーザー虹彩切開術以外に関しては外科手術に代わるものではない。




(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)





管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved