目の病気と異常 <飛蚊症>

飛蚊症とは

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、硝子体中ににごりがあり、その影が網膜上に映ることにより、目の前には何もないのに蚊のような小さな虫が飛ぶように見えたり、糸くずのようなものがふわふわ浮いて見える症状をいいます。

飛蚊症の多くは、加齢による生理的なものですから治療の必要もなく、心配はいりません。強度近視や打撲などが原因で若い人にも起こることもあります。


飛蚊症の治療

飛蚊症は、生理的に硝子体がにごっておきることが多いので、とくに治療の必要はありません。

ただし、まれに重大な目の病気の初期症状であることもあるので、浮遊物の数が急に増えたりした場合は、 急いで眼科を受診してください。


注意が必要な飛蚊症

飛蚊症の浮遊物の数が急激に増えたり、大きくなったときには、重大な目の病気も疑われます。

頭痛や目の痛み、光がちらちら見える光視症(こうししょう)のような症状が同時にみられる場合も 注意が必要です。進行すると視力障害や失明の危険もあるので、一刻も早く眼科を受診しましょう。

また、次のような目の病気のときに、飛蚊症が生じることがあります。

・網膜裂孔

・網膜剥離

・ぶどう膜炎

・糖尿病や高血圧などで眼底出血を起こした場合




(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)





飛蚊症を35日間で治すトレーニングについて詳しくはこちら










Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved