目の病気と異常 <眼底出血>

眼底とは、瞳から入った光が突き当たる眼球の奥の部分のことで、肉眼で見えるものではありません。
この眼底に出血が起こるものを眼底出血(がんていしゅっけつ)といい、「網膜出血」や「硝子体出血」など、網膜から硝子体に見られる出血を指します。

眼底出血写真 普通の充血や結膜下出血をみて、眼底出血だとあわてる人もいますが、結膜と眼底の血管はつまがっていませんし、出血の原因も異なります。
眼底出血は、外から見てもわからないものなのです。

眼底出血は、網膜表面の血管が破綻することで起こる眼球内の出血ですが、 出血の量自体は微小で貧血などの原因となるものではありません。しかし、重度の視力障害を来すこともある危険な病態である場合が多いので注意が必要です。

原因として代表的なものが糖尿病性網膜症であり、糖尿病の患者が眼底出血を起こしており、「目の前に虹が見える」などの症状を訴える場合には、糖尿病性網膜症が強く疑われます。
この場合、病期としては末期に分類され、治療は非常に困難になります。

その他、眼底出血を起こす目の病気には次のようなものがあります。

・網膜裂孔(もうまくれっこう)
・ぶどう膜炎
・高血圧・動脈硬化
・その他、貧血、白血病、腎臓病、妊娠中毒症など


眼底出血には痛みもなく、視力に関係ない部分の場合、自覚症状もありません。
そのため、検査などでみつかっても本人はあまり深刻に考えず、軽視する傾向があります。
しかし、眼底出血は、ほかの重大な病気を見つける目安ともなる症状のひとつです。
眼底検査を受けることで、こうした全身の病気を発見できることも少なくありません。


(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)




管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved