目の病気と異常 <眼底出血の治療法>

スポンサードリンク

眼底出血(がんていしゅっけつ)は、網膜表面の血管が破綻することで起こる眼球内の出血ですが、 出血の量自体は微小で貧血などの原因となるものではありません。しかし、重度の視力障害を来すこともある危険な病態である場合が多いので注意が必要であるということを前頁で説明しました。

医師に眼底出血だと診断された場合、すぐに治療が必要なものもあります。
眼底出血と診断されたら、あわてずに医師の指示に従って対処することが大事です。

眼底出血の治療法は、症状や原因について異なります。
糖尿病や高血圧などが原因で眼底出血を起こした場合は、飛蚊症の症状が見られます。その場合の治療は、まず原因となる疾患(糖尿病や高血圧など)の治療から行い、安静と止血剤などで出血を抑えて吸収させます。
出血がひどい場合には、硝子体切除術が行われます。

スポンサードリンク

眼底出血の出血が軽いものなら自然に吸収されることもありますが、出血がひどい場合や硝子体ににごりが起こると視力障害が起こる場合があります。

この場合は、止血用の内服薬が処方されたり、レーザー光での凝固術が行われます。
レーザー光凝固術は、止血部の網膜を焼き固めて、網膜の血流をスムーズにし、出血の吸収と再出血を防止させるために有効です。

それでも改善しないときには、硝子体切除術を行い、出血でにごった硝子体を取り除いて、視力回復を試みます。

硝子体切除術は、まず角膜の周辺から特殊な器具を挿入します。そして、目の奥にたまっている血液や、にごった組織、またゼリーのような硝子体も切除、吸引します。

硝子体は眼球の丸みを保つために必要な組織ですから、切除すると同時に、代わりの液体やガスを注入する必要があります。この方法は、「硝子体置換術」と呼ばれます。

硝子体手術を行ったあとは、出血や術後感染症、角膜混濁、網膜はく離などの合併症に十分注意する必要があります。医師の指示を守り、しばらくは安静に過ごすことです。


(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)






管理人オススメ→老眼は治る!老眼治療について正しい知識を





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved