目の病気と異常 <黄斑変性症>



黄斑変性症とは

黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)は、欧米では、後天的な失明の原因のトップとも言われています。物を見るためにもっとも重要な網膜の黄斑部に、異常が起こるもので、失明することもある病気です。

日本でも、50歳以降の世代に発祥する「加齢性黄斑変性症」が増加しています。糖尿病や緑内障と並んで視力障害を残す率が高く、注意すべき病気なのです。

黄斑変性症には、黄斑部が萎縮変性するタイプと、新生血管が発生するタイプがあります。

この新生血管型は急速に視力が悪くなるもので、「加齢性円板状黄斑変性症」とも言われています。
萎縮型は、網膜の細胞が老化し、萎縮したために起こります。このタイプは進行が遅く、視力の低下や視野の狭窄も、比較的ゆっくり進むのが特徴です。


黄斑変性症の症状

黄斑変性症の症状は、ものが ゆがんで見えたり、見ているものの中心部がぼやけていて見えない、また、小さくみえる こともあります。

両目で見ると正常に見えるような気がするので、必ず片目で見て確かめてみます。網膜の出血が多いと見えにくくなる範囲も広がります。黄斑変性症がさらに進行すると、視力は低下していきます。

黄斑部は網膜の中心に位置しますので、症状の現れ始めには、視野の中心部分がぼやけて見えます。
黄斑部に新生血管から滲出液(しんしゅつえき)が漏れ、視細胞を壊すため、視野の中心部の見え方がおかしくなるのです。


黄斑変性症の検査と治療

黄斑変性症の検査は、まず普通の眼底検査で黄斑部の異常が見つかった場合、新生血管型かどうかを詳しく調べます。 新生血管型の場合は、蛍光眼底造影検査によって黄斑部のどの位置に新生血管ができているか、またむくみなどの状態もわかります。

治療は、新生血管をレーザーで焼いて除去する、「光凝固法」が中心となります。
症状を起こす新生血管さえ取り除けば、視力障害の進行を抑えることができるからです。

しかし、新生血管が黄斑部の中心窩にある場合は、視力を障害してしまう光凝固は受けることができません。その場合は、黄斑部に健康な状態の網膜を移動させる「黄斑移動術」があります。

視力の回復は期待できますが、手術後にものが二重に見えたり、網膜剥離などの合併症を起こす危険があり、身体に負担がかかる手術になります。


黄斑変性症は早期発見・早期治療が重要

黄斑変性症は、原因や治療もまだまだ研究されている途中の難しい病気といわれています。、定期的に視野のゆがみをチェックしたり、眼底検査などを行うなどして早期発見・早期治療に努めることが大事です。





(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)





管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved