目の病気と異常 <斜視>



斜視とは

物を見るとき、人は、右と左の両方の目で、見るものに視線を向けます。ところが、片方の目だけが、目標とは違う方向を向いてしまう病気があります。これが斜視(しゃし)です。

斜視には種類があり、片目が内側に寄ってしまうものを内斜視、外側を向くものを外斜視、上下にずれるものを上下斜視といいます。

また、通常は正常なのに、ときどき斜視の症状を起こすという間けつ性斜視もあります。


斜視で起こる障害

斜視の子供は、片方の視線がずれているため、両目で像を見てひとつにとらえる「両眼視機能」が異常です。
両目でものを見ることができないので、遠近感がつかめなくなったり、立体視ができなくなるのです。

また幼児期の子供の場合、片方の目だけを中心に使っていると、使わないほうの目の機能が低下して、弱視になってしまいます。(弱視とは


斜視の治療

斜視は、生まれつきであることが多く、子供の斜視に気づいたら、遅くても物を見る機能が発達する6歳くらいまでに治療を行って治す必要があります。

治療方法ですが、原因が遠視の場合なら、メガネで矯正するだけで目はまっすぐな位置に戻すことができます。
しかし、それ以外の原因で起こっている斜視の場合は、手術が必要になるでしょう。

このときに行われるのは、目を動かす筋肉をずらす手術ですが、意外と簡単です。
早ければ早いほど、両眼視できるようになる可能性が高まりますので、先天的な斜視は手術を急ぎましょう。

後天的な斜視の場合は、原因をよく調べて、疾患があれば、そちらの治療も併用で受けることになります。





(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)





管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved