目の病気と異常 <弱視>



弱視とは

子供の弱視(じゃくし)の多くは、目の機能が未発達なものです。この場合、メガネなどで矯正しても十分な視力が出ません。

子供の視力は、成長とともに視機能が向上し、発達するものです。そのためには、どんどん目を使ってものを見ることが大切なのです。

ところが、この成長の時期に、何らかの障害があり、正常な環境でものを見ることができなくなった場合、 弱視が起こります。

たとえば、外傷で眼帯をつけて目を覆ったり、まぶたが腫れるような病気で目を使えないという状態が、弱視につながるのです。

弱視には次のような種類があります。

・斜視弱視

・屈折異常性弱視

・不同視弱視

・視性刺激遮断性弱視



弱視の治療

弱視の治療は、3歳までに行うと期間も短く、高い確率で治すことができます。

治療の基本は、目をよく使うことです。斜視弱視の場合は、斜視の治療によってかなり改善されます。

遠視が原因なら、適切なメガネで矯正すると、視機能は発達します。

正しい屈折矯正を行うと正常な視力を出すことも可能ですが、この場合、裸眼ではなく、ネガネなどをつけての視力になります。

弱視の視力増強訓練には、「アイパッチ」があります。
これは遮蔽法といい、良い方の目を隠して弱視の目を強制的に使わせることで、視力の発達を図る訓練です。

病院の指導に従って、家庭でも行うものですが、根気のいる訓練でもあり、家族の協力が必要となります。





(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)






管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談





Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved