イントラレーシック手術



イントラレーシック手術とは

イントラレーシックは、手術の際にレーシックではマイクロケラトームでフラップ (ふた状のもの)を作るのに対し、イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを作成します。

フラップ作成後、矯正用のレーザー台に移動して、フラップを開きエキシマレーザーをあてて屈折を調整します。 レーザー照射後、フラップを元の位置に戻し、消毒をしてイントラレーシック手術終了です。

フラップを作成する部分のみがレーシックとは異なりますが、その後の手順はほぼ同じです。

レーシックにおいて、マイクロケラトームを使用した場合のフラップの厚さは約160ミクロンと言われています。 それに対し、イントラレーザーでフラップを作成するイントラレーシックでの フラップの厚さは約100ミクロンですので、角膜にあまり厚みがない方でも手術が可能になります。

イントラレーシックの利点(メリット)

イントラレーシックは、従来のレーシックにくらべて、よりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能と言われている。

・眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。

・手術をしても入院をする必要性がなく、日帰り、かつ短時間で済む。

・生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。

・成功率の高い手術で失明する危険性などは低い。(ただし、1%以下でも失敗のリスクはある。

イントラレーシックの欠点(デメリット)

・層間角膜炎(DLK)の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかる、などの欠点が指摘されている。

・フラップ作成後、レーザー照射の手術台まで移動しなければならない。

・長期に渡る安全性が検証されていない。

・コントラスト感度が低下する。

・ハロ・グレアが少なくない割合で出現する。

・裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ間違いなく向上するが、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)はかえって低下することがある。

・角膜を削り過ぎると遠視になり、これを再度修正することは困難である。そのため若干控えめに手術するので、軽い近視が残って、自動車の運転など高い視力を要求される活動には引き続き眼鏡が必要になることがある。

・角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。

・近視の進行する若いうちは手術が受けられず、また老眼になることに変わりはないので、一生に渡って眼鏡が不要になるわけではない。

・航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)




(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)

管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談












Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved