ウェーブフロントレーシック手術



ウェーブフロントレーシック手術とは

ウェーブフロントレーシックは、ウェーブフロントアナライザーという検査機器を用い、光が持つ波としての性質を利用し、眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的に解析します。

これにより、近視や乱視よりも次元の高い収差※を検出することが可能になったものです。
このウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようエキシマレーザーを照射するのが、Wavefront-guided LASIK。つまり通称ウェーブフロントレーシックです。

ウェーブフロントとは、従来の近視・乱視では把握することのできない細かな眼球の凹凸情報で、個人個人に特有な視覚情報です。

ウェーブフロント解析装置ウェーブスキャンで得たデータを元に、近視・乱視に加えて、今まで解析不能であった細かな不正乱視までも矯正可能になります。

ウェーブフロントレーシックの特徴は、ウェーブスキャンで得たデータを元に、個人個人に応じたエキシマレーザー照射プログラムを決定できるため、たとえば夜間瞳孔径の大きな方や乱視の強い方には照射サイズをオーダーメイドすることができます。

ウェーブフロントレーシックは、従来のレーシックで起きる夜間の見え方の不満(光がにじんで見えるなど)を解消し、アメリカのデータでは夜間の見え方の満足度も向上すると言われています。


※収差とは?

光の波長の違い、また光線がレンズを通過する角度や位置によって、 光束(光線の束)の集まる位置(焦点)が多少ずれる現象のことを、「収差」と言います。



※当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。

管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談












Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved