イントラウェーブフロントレーシック手術



イントラウェーブフロントレーシック手術とは

イントラウェーブフロントレーシックは、ウェーブフロントとイントラレースを組み合わせたレーシック手術方式でイントラレーザーでフラップを薄く作るので、角膜が薄い方や強度近視の方でも治療が可能な術式です。

ウェーブフロントアナライザーという検査機器を用い、光が持つ波としての性質を利用し、眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的に解析します。

これにより、近視や乱視よりも次元の高い収差を検出することが可能になっており、 このウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようエキシマレーザーを照射することで、わずかな歪みをも矯正できるので、よりクリアな見え方が得られると言われています。

従来、メガネやコンタクトレンズでは矯正できなかった不正乱視を矯正することが可能で、かつレーシックよりもフラップを薄く作成できるため、角膜の薄い人でも受けられる手術方式となっています。



イントラウェーブフロントレーシックの利点(メリット)

イントラウェーブフロントレーシックは、従来のレーシックにくらべて、よりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能と言われている。

・夜間瞳孔径の大きな方や乱視の強い人には照射サイズを変えることで、従来のレーシックで起きる夜間の見え方の不満(光がにじんで見えるなど)を解消することができる。


イントラウェーブフロントレーシックの欠点(デメリット)

・層間角膜炎(DLK)の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかる、などの欠点が指摘されている。

・フラップ作成後、レーザー照射の手術台まで移動しなければならない。

・長期に渡る安全性が検証されていない。

・コントラスト感度が低下する。





(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)

管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談












Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved