エピレーシック手術



エピレーシック手術とは

エピレーシックは、手術の際にレーシックではマイクロケラトームでフラップ (ふた状のもの)を作るのに対し、エピケラトームと呼ばれる器機によって角膜上皮を安全に剥離して、レーザー照射をする術式をいいます。

角膜は5層構造で成り立っていますが、一番外側は角膜上皮と呼ばれる組織です。
レーシックにおいて、マイクロケラトームを使用した場合のフラップの厚さは約160ミクロンと言われています。 それに対し、エピレーシックで剥離する角膜上皮の厚さは約60ミクロンですので、角膜にあまり厚みがない方でも手術が可能です。

レーシックでは、角膜の厚みが不足してしまう方も、検査結果によって、エピレーシックを受けることが可能になり、また従来のPRKに比べ、術後の痛みが軽減されます。


 <エピレーシックが受けられるクリニック>
 神戸クリニック
↑サイト内のクーポン利用で
エピレーシックが28万円→25万円に!


エピレーシックの利点(メリット)

エピレーシックは、従来のレーシックにくらべて、よりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能と言われている。

・角膜上皮部分が再生するので、格闘技などで眼の怪我をする可能性が高い人でも受けられる。

・フラップを作る時にアルコールを使用しないという特徴を持っているので、角膜組織への影響がない。


エピレーシックの欠点(デメリット)

・角膜上皮が再生するまでの数日、若干の痛みを感じる場合がある。

・手術後に角膜ににごり(ヘイズ)が出ることがある





(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)

管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談












Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved