ラセック(LASEK)手術



ラセック(LASEK)手術とは

ラセック(LASEK)は、アルコールに浸して柔らかくした角膜上皮を剥がし、ごく薄いフラップを作ってエキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つです。

1999年にイタリア人医師Camellinによって考案されました。

フラップが薄くなる分、角膜の厚さが足りずに通常のレーシックでは不適応とされる人でも検査の結果のよって手術が可能です。

角膜上皮のみのフラップは数日で再生します。そのため、通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはないため、格闘技などで眼の怪我をする可能性が高い人でも受けられます。

ラセック(LASEK)は、 PRKやエピレーシック(EPI-LASIK)などと同様に表面照射という術式に分類されます。



ラセック(LASEK)の利点(メリット)

ラセック(LASEK)は、従来のレーシックにくらべて、よりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能と言われている。

・ケラトームの使用による眼球の吸引が必要ない。(網膜等に異常がある人にケラトームの使用は危険である )

ラセック(LASEK)の欠点(デメリット)

・アルコールでふやかすという点で、レーザー照射の精度に誤差が生じる可能性がある。

・まれに術後角膜混濁などの報告もなされている。

・アルコール使用による長期的なリスクが不明である。





(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)

管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談












Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved