フェイキックIOL手術



フェイキックIOL手術とは

フェイキックIOLは、白内障治療で使われるレンズと同じ素材で作成された人工レンズを眼の中に挿入し、近視・遠視・乱視を矯正する治療法です。

これまで、レーザー治療が難しいといわれてきた-10D以上の強度近視の方や、現在の近視・遠視・乱視の度数に対して、角膜の厚みが不足している方も、この治療法によって、大幅に視力を回復することが可能になります。

眼内に挿入するレンズは、交換の必要がなく、一度挿入すれば長期にわたり矯正視力を維持することができます。

また、将来的に、レンズを取り除くことも可能で、レンズを取り除いてしまえば元の眼に戻ります。強度近視や強度乱視の場合、LASIKと組み合わせることで、より良い視力を得ることが可能です。

手術は、片眼ずつ行います。(眼内手術のため、視力の安定にやや日数がかかることと、感染症などの合併症のケアをしっかり行う必要があるため。)

一回目の手術の後、視力の安定や眼の状態を見て、約2週間前後にもう片方の眼を手術することが多いです。


 <フェイキックIOLが受けられるクリニック>
 神戸クリニック
 ↑いまならモニター価格で
フェイキックIOL手術が65万円→50万円






(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)

管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談












Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved