PRK手術



PRK手術とは

PRKは、Photorefractive Keratectomyの略で、角膜表層切開術と訳されます。

コンピューター制御のエキシマレーザーを角膜表面に照射し、近視・乱視・遠視に合わせ、角膜の形を形成しますが、片目ずつ期間を空けて行います。

角膜上皮の再生までの間、角膜表面を保護するため、コンタクトレンズを装用します。 コンタクトレンズは、角膜の上皮が再生してくるまで装用します。(3日〜1週間) その間、痛みを伴うことがあります。

エキシマレーザーを使用するところがレーシックと共通ですが、角膜フラップをつくらない点で、激しい格闘技など目に衝撃のある可能性の高いスポーツをする方には、レーシックよりもPRKの方が向いているといえます。

PRK手術は厚生労働省が認めたレーザー手術です。


 <PRKが受けられるクリニック>
 神戸クリニック
↑サイト内のクーポン利用でPRK手術が25万円に↑


PRKの利点(メリット)

・角膜強度が保てる

・プロボクサーや格闘技を行われる方などハードなスポーツを行われる方は、衝撃でフラップがずれてしまう心配がないため、フラップを作成しないPRKが適している。

・乱視、遠視の矯正にも有効

・角膜内部への影響が少ない 。

PRKの欠点(デメリット)

・角膜上皮が再生するまでの数日、若干の痛みを感じる場合がある。

・視力の回復、安定までに3ヶ月〜6ヶ月(あるいはそれ以上)かかる場合がある。





(当サイトおよび管理人はこのサイトの情報によって生じた一切の疾病、疾患、その他についての責任は負いかねます。目の健康状態の判断や、治療・投薬等については必ず医師の指示に従ってください。)

管理人オススメ→失敗しない!レーシック手術体験談












Copyright(C) いい目ねっと All Rights Reserved